日本製麻株式会社 HOMEに戻る
企業紹介 ニュースリリース IR情報 展開事業紹介 リンク集 お問い合わせ 関連会社情報
             
 企業紹介 会社概要 社長挨拶 経営理念 組織図 沿革  
沿革 
大正7年   中越製布株式会社設立。
昭和22年2月   中越紡織株式会社として設立。
昭和24年5月   東京証券取引所に上場。
昭和24年   綿紡設備を麻紡設備に転換。
 英国より麻紡機を輸入設置。
昭和34年5月   従来の社名中越紡織株式会社を日本製麻株式会社と社名変更して黄麻紡績の一本化を完成した。
昭和35年5月   富山工場(旧砺波工場)の増設工事完成。
昭和36年5月   兵庫工場(新設)完成操業。
昭和42年8月   兵庫工場第2期増設工事が完成して名実ともに日本一の黄麻紡績工場となる。
昭和44年2月   富山第2工場完成。
昭和44年9月   バンコック市に現地法人事務所を開設。
 サラブリジュートミル新設。
昭和46年11月   食品事業部発足。
 ボルカノ食品事業部関西工場完成。
昭和55年1月   タイ国工場をオリエンタルジュートミルと社名変更。
昭和60年3月   水産事業部発足。
 和歌山県白浜町にて鮎養殖を始める。
昭和61年6月   外食産業に進出、スパゲッチハウス(パスタ専門店)の第1号店開店。
昭和63年4月   富山県砺波市にてゴルフ練習場設備完成。
平成2年12月   ホテル「ニチマ倶楽部」営業。
平成3年2月   タイ国関連会社サハキット ウィサーン カンパニー リミテッドにて自動車用フロアーマット生産開始。
平成3年4月   富山県婦負郡八尾町にて「八尾魚の公園」営業。
平成5年3月   富山県砺波市にパスタおよびレトルトソースの北陸工場完成。
平成7年4月   富山県砺波市に賃貸事業用不動産
平成9年3月   タイ国サハキット ウィサーン カンパニー リミテッドが子会社となる。
平成13年12月   神戸本部、現所在地に移転。
   会社概要 | 社長挨拶 | 経営理念 | 組織図 | 沿革   
 
  Copyright (C) 2004-2017 THE NIHON SEIMA CO.,LTD. All rights reserved.